髭剃りから肌を守る

シェイビングフォームの選び方

敏感肌は素材にこだわる

男性の髭は実は大変固いのです。
そのままの状態でカミソリを当てるのは肌に刺激が強すぎて痛めてしまいます。
なので潤滑剤が必要になります。
それがシェイビングフォームでありシェイビングジェルですね。
ブラシを使わない場合どちらでも自分に合った潤滑度を選んで良いと思います。
硬い髭の場合夜剃っても翌朝にはまた生えてしまうとか、硬い故のカミソリ負けで脱毛を考えている人も少なくないようです。
硬くて濃い髭の人にはジェルタイプより泡のきめが細かいポンプ式フォームタイプが良いようですね。
きめの細かさでお肌への密着度が高く深剃りをしやすいというのも理由でしょう。
肌ケアーをしながら薬用成分配合のローションやヒアルロン酸、グリセリン配合のローションでのアフターケアーも効果的でしょう。

肌の弱い人に合うシェイビング材

肌質の弱い人にはソープタイプがお勧めなど髭の質や肌質も考慮して決めましょう。
それぞれのジェルやフォームにはお肌のケアーを考えた成分も含まれているので使用後の美肌効果があるものもお肌には安心ですね。
特にすぐひりひりしてしまう敏感肌の人はメンソールなどの含まれた刺激的なものは合わない場合もあります。
薬用と明記されているものや化学物質を含まないノンケミカルのオーガニックジェル、オーガニッククリームなどと表示されているものを選ぶと良いでしょう。
お肌にクリームを塗るのは水分補充の目的もあることからイオン水のシェイビングウォーター、シェイビングミストもお肌に負担をかけないと人気です。
髭が多くない人は前日の夜お風呂に入りながら髭を剃るというのも方法ですね。


この記事をシェアする