男性が髭剃りをする際に肌を傷めずに済む手入れの仕方

髭剃りから肌を守る

髭は男らしさの象徴か

髭に対する規制は、芸術家や、個人事業主、現場仕事などは日本でも特にありませんが、大企業や接客の仕事、営業マン、医療関係やパイロットなど職種で規制が厳しい場合もあります。 特にサラリーマンは毎日髭剃りをしますが、どんなタイプの髭剃りが肌に優しいのでしょう。

世界中で今も使われるシェイビングブラシ

理容店に行くとシェイビングブラシを泡立てて顔に塗って髭剃りをしますね。 実際自宅でシェイビングブラシを使っている人は少数かもしれません。 しかしこのシェイビングブラシにはたくさんの効用がありますし、様々な国の理容店では殆ど髭剃りの前にこのシェイビングブラシを使っているのです。

シェイビングフォームの選び方

ジェルタイプやクリームタイプなど色々なシェイビングフォームがありますが、何でも良いという事ではありません。 素材によって肌荒れをおこしたり、うまく肌になじまなかったりその人の体質や好み、または使っているシェーバーによっても選び方が変わってきます。

カミソリの使い方

戦国時代の日本では男性の髭は強さのシンボルと言えました。
豊臣秀吉は薄毛で髭もみすぼらしくコンプレックスであったと言われています。
戦国時代が終わり、だんだん髭を剃る人が増え江戸時代になると髭に対する禁止令が出され刑罰さえあったとされています。
髭がない方が品があり髭を伸ばすのは野卑であるという価値観に変わりました。
ところが明治維新後にはまた髭が威厳の象徴となったりします。
高度成長期でサラリーマン時代が来ると綺麗に剃った髭が身だしなみと考えられますが、現代はおしゃれと身だしなみの観点からどちらも好みで受け入れられているようですね。
男性と髭の歴史を偉人の画像や写真などから推移をみることができて面白いですね。
欧米はまた考え方も異なり、日本人で海外の仕事をする場合あえて髭を生やして実年齢より大人に見えるようにしたりするケースもあります。
アンケートでは土日や連休くらいは髭を剃りたくない男性が多いようでやはり面倒な作業と思っている人も多いようでね。
面倒だと答える人は半数以上にもなります。
髭は男性的魅力のアピールと考えている人も居ますが意外に女性の受けはあまりよくないようですね。
清潔感がないと思う女性は全体の80%近くもいると言う結果にもなったことがあります。
食べ物がついたり、くしゃみがついたりとやはり清潔な印象はあまりないという意見が多いのでしょう。
欧米の人はもともとかなり髭が濃く綺麗になくすのは殆ど無理という事から案外受け入れられてもいますが日本は世界でも特に髭には厳しい国と言われています。
文化の違いと言えますね。